top of page
気象観測機器の設置及び
​積算気温算出の実施

| ​取組概要

・機器及び設置用三脚の納品が遅れたため、9月8日~9月11日にかけて、気象観測装置8基を各地域に設置。

・当別町にある既存2か所の気象観測機器を5月21日に、沼田町の気象観測機器設置事業において6月23日に1か所の気象観測機器を設置。

| ​達成状況

・当別町にある既存2か所、沼田町1か所の気象観測装置と合わせて合計11台にて、設置場所の気象情報を取得し、来年度の作業スケジュール作成の元データとする

・今後、Webシステムによる積算温度グラフの作成と対象作物における生育ステージ指標の表示が出来ることによって、作業適期に機器のシェアリングを行うためのスケジュール作成に貢献できると考えられる。

スクリーンショット 2023-04-03 13.32.35.png

図 気象観測機器設置場所​​

図 Webシステムによる積算温度グラフと対象作物生育ステージ指標​​

スクリーンショット 2023-04-03 14.12.35.png

図 当別町既存気象観測機器より、大豆(ユキホマレ)起算日5月23日 積算温度グラフ

スクリーンショット 2023-04-03 14.12.53.png

図 沼田町気象観測機器設置事業より、水稲(ななつぼし)起算日5月23日 積算温度グラフ

| ​次年度計画案

・気象観測機器を実証圃場に設置し、当該圃場における気象情報の収集を行い、取得情報を日別の積算気温ソフトウェアに入力することにより積算気温を算出する。

 

・積算気温から毎日の生育ステージの変化情報を取得し、積算気温とステージの相関から作物の生育ステージの判断指標を示す。

bottom of page